« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月25日 (月)

ちょっと息抜きしてきます。

Dsc06771
50mmF1.4

下手なアレンジですみません。

数年前に藤田京子ちゃんからいただいたパリ仕入れの器を
引っ張り出して、自分でバラをさしてみました。

何度も言ってますが、花の心得皆無です(苦笑)。

何がしたかったかって、

マニュアルでピントをしっかりあわせる練習の為のアレンジです。

目が悪く、視力矯正をしているので
どうしてもオートに頼りがちですが、
やはり一眼レフやるからには、ちゃんと最初から構図決めて
しっかりピントをあわせたいところに、ビシッとあわせたいものです。

動いているものはさておき、
やはり静物くらいはもうピピって音から卒業。
マニュアルで決めなきゃ。

って訳でバラの花芯狙い、

何枚撮ったことやら。。。

目が霞んできましたわ。




明日の晩から
香港~マカオなのでしばらくブログお休みします。

世界遺産の写真を楽しみにしてくださいね。

・・・と、これからパッキング。
徹夜になりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の麻布十番納涼まつり

Dsc07654
17-50mmF2.8

麻布十番まつり、最終日。

ここは東京湾の花火をエンジョイした
麻布十番のとあるビルの屋上。
またしてもお言葉に甘えおじゃましました。

Dsc07693_2
17-50mmF2.8

Dsc07686_3
17-50mmF2.8

数年ぶりに訪れた十番まつりですが、
相変わらずの人出。

しかも夕方から雨が激しく降ったり、やんだり。

でも、こちらのビル屋上で席を用意していただいていたので、
のんびり楽しむことができました。

食べ物もとても美味しく、ワインちょっと飲みすぎました。

Dsc07672
17-50mmF2.8

今回はこの17-50mmF2.8のみで撮影。

Dsc07661
17-50mmF2.8

偶然、こんなに綺麗な光の粒が撮れて、うれしすぎる。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

LIVING PHOTO展のご案内

Livingphoto2

写真の今道先生が作品展を開催されます。
リビングフォトをはじめ、先日のパリ撮影旅行の写真も出展されるそうです。

実は私がカメラにはまったのは、今道先生との出会いがあったからです。

sonyα100を購入し、しばらくはオートで撮り続け、
どれもつまらない写真ばかりで煮詰まってるときに
たまたまsonyの先生の講座を受けるチャンスに恵まれ、目からうろこ状態。

それから先生のサロンのお教室にも通わせていただき、
先生の言葉を借りると“魔法にかかったように”
写真が良くなっていった、ような気がします(自画自賛)。

先生はリビングフォトというジャンルを確立し
“一眼レフカメラ=親父の趣味”という概念を
覆したフォトグラファーの一人です。

今回その先生の作品展に
生徒作品として私も出品させていただくことになりました(先着順・笑)。

・・・とここで問題!

何度も言っているように、
リビングフォト、苦手なんですよ、私・・・
せっかくリビングフォトを確立した先生に習ってるのに・・・
出品する作品が撮れない!!

で、先生に泣きついたら、お優しい先生は
外の写真でかまわない、と言ってくださったので、ホッ。
(ホントにすみません、先生)

先日、ワークショップに参加し
出品する作品を選んでいただき、額装してきました。

3枚一組で同一テーマのものを3セット持参し
その中から選ばれたのは、こちらのブログでも紹介したものばかりで、
人の足がもやっと被写体ブレてるシリーズ。

額装して「正装」したら、もっともらしく見えるから不思議です。
うれしい。。。

・・・なんて、私のことはおいといて~

先生の写真、本当に素敵ですので、是非お運びくださいませませ。


で、今日は選に漏れた一枚をUP。

Dsc07456
17-50mmF2.8

ディズニーランドホテルのプールサイドでの一枚。
ちょっとクリストのアンブレラ・プロジェクトをまねっこしてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

お盆休み

Dsc07614
17-50mmF2.8

お盆のお休みは25周年でにぎわうディズニーリゾートで過ごしました。

なにも車で一時間もかからないところに泊ることはないと思うのですが、
無理だと思ってた新しく出来たディズニーランドホテルの予約が取れてしまったので、
いそいそ出かけてきました。

Dsc07227_2
17-50mmF2.8

今回はランド・シーとディズニーランドホテルの3箇所を撮りまくりです。

特にディズニーランドホテルは実にフォトジェニックなホテルだったので、
一杯撮ってきました。

レンズは数本持っていきましたが、今回活躍したのは17-50mmF2.8。
このレンズはボケ感もふんわりきれいなので
花壇やお庭も雰囲気ものに。

また広角10-20mmの出番も多く、
使い勝手も少し慣れてきました。

が、連日のハードな動きでちょっとバテ気味なので
ゆっくりupしていく予定です。

今回はこのディズニーランドの2枚。

初日の夕陽がとてもきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

アーティフィシャルフラワー

Dsc06595
50mmF1.4

古くからの友人、藤田京子ちゃんの“アーティフィシャルフラワー”です。

はっきり言って“ちゃん”付けの歳でもないし、
彼女はフラワーアレンジメントの世界ではかなりの有名人で、
交友関係も華やかで、お弟子さんたちもセレブな方々がずらり。

パリスタイルのアレンジは彼女が元祖と言っても過言ではなく、
私の記憶が正しければ・・・
日本で初めてお野菜を使ったアレンジメントをしたのは
彼女、だと思います。

数年前にパリから帰国して、現在は京都住まい。

作品はどんどん進化して、芸術の域に。
秋には京都でラリックの器に彼女の作品を生ける、
という個展を開催します。

アーティフィシャルフラワーというのが
昔でいう“造花”というのは、彼女から教えてもらいました。
先日、その作品を送ってもらってビックリ!!
さわってみないと本物と全くかわらないくらい。
玄関など日のあたらない場所やオフィス・お店などにもお勧めです~。

で、ここで写真の話。。。

もともと、お花の撮影も苦手な私ですが、
彼女の作品は、なお写すのが難しいお花です。
(プロもそう言っているようです)

撮っても撮ってもうまく撮れないのは何故?って原因考えたら、
まず、花材の種類が豊富で、作品も大きい物が多い。
主役になる花が一つのブーケでも何種類もあり、
360度どこから見ても色々な違う表情が出現するので、
花にも素人の私は目移りしてしまい、
どの花にピンをあわせたらよいか迷ってしまうのです。

要するに、一部を切り取ってぼかすといういつもの撮影手法が
彼女の作品にはあまり適していない、ようです。

上の写真も全景が写っている横位置の方がよかったのでUPしてみました。

Dsc06539
50mmF1.4

これは縦位置で撮って唯一UPできる一枚。
本当は全景を写したかったんですが…断念…。
まともにとれたのこの2枚くらい。

彼女の作品がうまく撮れないのは、
作品が豪華なので、我家のインテリアではちょいとなさけない、
っていうのも一因かもしれません。。。

で、今日のブログ何故京子ちゃんのご紹介になったかというと

昼間彼女から悲鳴に近い声で電話がかかってきて、

「どうしよう、猿がっ、猿が来てるっ、
 あっ、ベランダの鉢を落としてる!!」ですと。

数日前から軽井沢で休暇中と聞いていたので、
優雅な別荘ライフを想像してたら、
猿軍団に襲われそうになって、娘さんと二人でアワアワしてました。
しかも、その別荘3年ぶりに明けたので、
到着してからずっと掃除にあけくれていたそうです。

笑っちゃいけないんだけど、苦笑。
セレブライフもなかなかたいへんなのですね。

ちなみに彼女の作品は現在
毎月『GRACE』に連載されています。
よろしかったらHPもこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

涙の東京湾大華火祭

Dsc07039
18-250mmF3.5-6.3

麻布十番で東京湾の花火を見てきました。

この日に備えて、sonyαの“花火をキレイに撮ろう”の講座も受講して
セッティングも設定もバッチリ把握、
もちろん、三脚、レリースも準備万端で出陣しました。

ここは、麻布十番のとあるビルの屋上。
到着すると既にバーベキューの準備もできていて
ホタテやハマグリを焼くなんともいえない良いにおいに誘われて
ビールを飲みながらのセッティング♪

前方のビルが邪魔して、すっきりは見えない、と聞いていたので
どんなもんかと心配していましたが、
十分楽しめるロケーションで
集まった友人一同もいい感じで盛り上がっていました。

で、花火写真の出来はこんな感じです。

Dsc07051
18-250mmF3.5-6.3

Dsc07091
18-250mmF3.5-6.3

花火初心者はまず横位置で慣れてから、というセミナーの先生からの指導で
今回はずっと横位置のまま、必死の撮影。
シャッタースピードも遅くノイズリダクションの時間がかかるので、
タイミングを取るのもたいへん。。。

2
18-250mmF3.5-6.3

広角で全景を撮るとこんな感じ。
Dsc07095
10-20mm

視覚に近いのはこれくらいの大きさです。
Dsc07098
50mmF1.4

かなり没頭して
撮りまくりの1時間半。
かなり目が疲れた・・・。

なぜ“涙の東京湾大華火祭”というタイトルかというと

広角レンズに交換するときに
18-250mmのレンズを落として、
壊れてしまいました・・・。

号泣。。。

皆様もレンズ交換の際はご注意ください・・・

再び号泣。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

元祖バイキング

Dsc07014
50mmF1.4

きょうは実家の両親と子供をつれて
帝国ホテルのVIKING SALに行ってきました。

両親は二人とも80を過ぎているので、食も細く
コース料理だともてあましてしまうし、
子供も好きな料理だけ思いきり食べたいので、
“バイキング”は嬉しい形式です。

最近は“バイキング”ではなく“ビュッフェ”と呼ばれることが多くなっていますが
“バイキング”の元祖は帝国ホテルで、50周年を迎えたそうです。
“バイキング”にしてはちょっとお高い値段設定ですが、
さすがにその評判の良さは抜群です。

Dsc06988
50mmF1.4

お盆時期の土曜日、満員御礼の大盛況。

ついつい貧乏性で、
いきなりこんもり盛り過ぎてしまいました。。。お恥ずかしい。。。
グラスのコーンポタージュ、甘くておいしゅうございました。

Photo
50mmF1.4

メインのお肉やお魚料理だけでなく、
小型のお鍋(専門用語がわかりません)に入れてくれる
エスカルゴやビーフシチューがとても気に入って、
娘もおかわりしていました。

Photo_3
50mmF1.4

種類も豊富で、お料理だけでギブアップしそうなところだけど、
写真を撮りたいので、普段食べないデザートもたくさんいただきました。

仕事をしているので、家ではいつも手抜きで
写真をとるような素敵な料理は作らないので、
考えてみるとフードの写真はあまり撮ったことが・・・無いです。
(クッキーすら焼かないし・・・)
フランス料理屋さんにも殆ど行かないので
レストランでお料理を撮る機会もありません。
(居酒屋さんが多いし・・・)

なので、今回は初フードフォト。
比較的明るいスペースなので助かりました。
やはりレンズはいつもの50mmF1.4のみ。

ホテルとはいえ“バイキング”で
常に誰かがウロウロしているので、
周囲を気にせず写真を撮ることができました。

そんな意味でも“バイキング”は悪くないかもしれません。。。

それにしても、フードスタイリング、勉強せねば・・・
こんなてんこ盛り写真はありえない、ですよね。

(反省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

夕暮れから

Dsc06914
50mmF1.4

恵比寿の会社から見た夕焼け空。

今日は帰りがけに、新宿テラスシティのライトアップを撮ろうと
カメラ持参で出社。

レンズは重いので50mm一本のみ。

ライトアップは7時からなので
それに間に合うように、と会社を出ようとしたら
思わぬ美しい夕日に遭遇。

前のマンションと隣のビルの屋上タンクが邪魔なんですけどぉ~
まぁ、それも都会の景色ってことで、いいか。

Dsc06910
50mmF1.4

反対側の窓の外はこんな空。
数秒ごとに違う表情に変わって、
撮っててもあきることがない。

・・・とこうしゃいられない。

早く出ないと、私の好きな“灯ともし頃”のライトアップに間に合わない!

で、急いでかけつけたつもりが、アウト~!!
到着した時はもう完全に日没。
日が短くなりはじめてることを実感。

まぁ、じゃ、夜景撮影ってことで、撮影開始。

と思ったものの、
あれれ、冬の時と同じイルミネーションじゃない?
しかも、あまり私好みじゃないし・・・とガックリしながらとったら

やっぱり出来もいまいちかなぁ

Dsc06927
50mmF1.4

手前の青の光がとんじゃって納得いかないんですけど…。

奥のお店のあかりの方が綺麗そうなので、
あっさりイルミネーションやめて場所移動。

Dsc06956
50mmF1.4

フランフランは外から見ても明るくて素敵なディスプレイ。
ホワイトバランスの設定にちょっと迷って
オートにしてみたら、とても冷たい感じの色になっちゃったので、
曇りマークにしたら、良い感じに温かい色合いに。

そろそろ帰ろうかなぁ、と帰り支度をしていたら
なんだか人の流れがある一定方向へ。

よく聞いてみると『どーん』という音も。

そうだ、今日は神宮花火の日だ。

人が動いてるってことはここからも見える場所があるはず・・・
と考えて、
たまに食事に行くサザンタワーの12Fレストランフロアーへ。

やっぱり見えました。
上から見下ろす感じ。

しかし、遠い~。
わかってたら望遠ズームもってきたのに…。

Dsc06979
50mmF1.4

もっと小さく写ってたものをトリミングしてちょっと大きくしました。

東京タワーの隣にあがってるように見えます。
花火越しにビルが透けて見えるのもちょっと面白いかも。

でも、レストランフロアーの踊り場で撮ってたら
となりで見てたカップルに警備員が注意しに来たので、
そそくさと撤収。。。
来年はこのフロアーの“ほり川”さん予約しようかしら。
多分、よーく見えると思うわ。

(余談ですが、“ほり川”さんの反対側の個室からは、
思いきり綺麗に富士山が見えます。
オレンジの夕日にくっきり富士山のシルエット、
おまけに手前に摩天楼。
これ絶対にカメラおじさんが狂喜しそうな撮影スポット、
個室だし、天気さえよければ存分にパシャパシャいけるはずです~)

イルミネーションは不発に終わりましたが、
夕陽と花火がちょっと撮れて満足満足。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月 4日 (月)

本当に暑いですね

Dsc06496

あまりに暑いので
ちょっと前に夕立がパラーっときた時に撮ったもので、
暑中お見舞い申し上げます。。。

ここは、姉の家の地下テラス。
雨に濡れたタイル敷が涼しげで、いい感じで、
思わずパシャパシャ撮ったものの

蚊にやられました。

Dsc06497

テラスと言っていいのか、箱庭というのか…

地下でもあかりが十分入る作りなので
気持ちの良いスペースです。

蚊さえいなければ・・・。



まだまだ暑い夏、
ご自愛ください。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

テニス合宿

Dsc06164
18-250mmF3.5-6.3

中学一年生の娘は新米テニス部員。

夏休みも連日の登校練習でバテ気味。

辞めたい…と毎日弱音を吐きながらも、先日学校での1泊合宿に参加。

私は保護者代表でカメラマンを引き受けた。

しめしめ、動く被写体の練習になるぞぉ、と
やる気満々で出陣したが・・・

現地に着くとものの5分で大後悔。

クレーコートは連日の猛暑でカラカラでほこりっぽく、
日陰も少なく、とにかく暑い!!
カメラマンなので日傘さすわけにもいかず、
倒れそうになりながらの撮影に・・・。

Dsc06162
50mmF1.4

熱中症にならないように、
コートサイドのジョクに集まる回数も多い。
水分補給してる時の表情はくったくなく、おしゃべりも弾む。。。

私も昔テニス部だったけど
当時は練習もスパルタで、水も飲ませてもらえなかったなぁ、
などと数十年前(!!)を懐かしんだりもして・・・。

Dsc06178_2
50mmF1.4

3年生の先輩方はこの合宿の後の試合を最後に引退。
汗と涙のテニスシューズが整列。。。
2年半の間お疲れ様でした。

・・・今回はちゃんとテニスやってる写真がUPできなくて残念。
顔とか出ちゃうと、やはり許可なしは問題かなぁと思って・・・。

まぁ、実際はこの暑さにあまり若くないカメラマンの私が
適応できず、三脚立てる気もせず、
動いてる写真、あまりうまく撮れてない・・・ってのが
正直なとこです。。。

言い訳ばかりですみません。
(誰に謝ってるんだか・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »