« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

masking tape

最近、文具店でよく見かけるマスキングテープ。

なんとなく便利そうなので数点購入。
綺麗な色がそろっているので、迷います。

Dsc08999
50mmF1.4

雑貨屋さんでみかけた音符の表紙の小さなノートも購入。
(うーん、ちょっとぼかしすぎ、失敗)

アルバム替わりに利用することに。

Dsc090072
50mmF1.4

masking tapeははがし易いので失敗しても安心。
ただ貼る相手によって粘着力が違うのでご注意を。

尚、プリントはEPSON E-520にてカードサイズに。
買って1年位たちますが、カードサイズ~KGサイズまでは
全部、これで印刷してます。
(それ以上はキヤノン使ってますが…)

持ち運びも便利、操作も簡単で、
娘も携帯・プリクラ写真などすぐに赤外線でとばして印刷してます。

最近新機種E-530が出てしまいましたが、
まだまだずーっと便利に使っていきたい道具のひとつです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

Book-Keeping

今道先生のLIVING PHOTO展も17日無事に閉展。

初日と最終日しかお手伝いできなかったのに
なんだかここ数日夢から醒めた気分を味わっています。
いかに今まで美しい世界に縁が薄かったことか・・・

先生本当にお疲れ様でした。
そして順序が逆になってしまいましたが、
いらしてくださった方々、ありがとうございました。


さてさて、現実に引き戻されて・・・というわけではありませんが、

簿記を習いはじめました。

地味でしょう~(笑)

たかだか夜週2回2時間半、2ヶ月で、目指せ3級です!!!

無理です!!!

わかってます!!!

でも、言っちゃえば、ひっこみつかなくなって努力するかも。

しばらくは飲み会控えます。。。(うそ、いっぱい入ってます)

で、早速昨日の復習にとりかかってたら
いきなり煮詰まって、写真撮りたくなりました。

Dsc088644
50mmF1.4

ベースの英字新聞以外は
超現実的に使ってるものばかりでスタイリング。

眠気覚ましの“ミンティア”は一番の必須アイテムです。。。

しばらくは地に足つけて努力の日々になりそうです。

あ、タイトルの“Book Keeping”ですが、
この英語の“Book Keeping”をもじって、“簿記”の語源になった、
という一説もあるようです。
実際には“帳簿記録”の中二文字とって“簿記”の方が通説とされていますが、
“Book Keeping”の方が聞こえがおしゃれですね~。

皆様、今度お会いするときには
「Book Keepingの調子はどう?」などとお声をかけてくださると幸いです、ハイ。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

画像加工ソフト

“Photo shop”と“Photo Scape”

この2つの画像加工ソフトを使っていますが、
最小限の機能しか使えないまま
その範囲内でやりくりしていました。

この連休でちょっと練習。

まずは“Photo shop”でポラロイド風に

Photo

これだけ作るのに何時間かかったことか・・・(大汗)

でも台紙の部分は使い回しができるように保存したので、
次からは写真を差し替えるだけに。

この機能は“Photo Scape”のフレームにもあるので、
今度はそちらも使ってみようかと。

次も“Photo shop”で周りをソフトにぼかす機能。

Dsc04934  この画像を→ Dsc049342

こんな感じに。
ぼかし方は色々できますが、これくらい微妙でも
ほんわかな雰囲気が。。。

でも、これも異常に時間がかかったのであります。

次も “Photo shop”で切手でもつくろうかと思ったのですが、
難しそうだし疲れたので断念。

“Photo Scape”では比較的簡単にできあがり。

Photo_2

“Photo Scape”はフリーソフトなのに

できるやつです。










Dsc09233horz

こんなことも簡単にできました♪
(今まで気づかず・・・)

Dsc02178horz_2

Dsc04075s_3

これも“Photo Scape”で加工。
ふちどりや文字入れもトリミングも、今まではフォトショップでやってますが、
こっちの方が楽かも・・・

まだまだやりたいこと一杯ですが、

先日プロの写真家の方が
加工ソフトにはまると睡眠時間がなくなる・・・と言ってたので
やめておこう・・・っと。

ZZZZZZ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

LIVING PHOTO展がはじまりました

Dsc08787_2
17-50mmF2.8

今道しげみ先生の“LIVING PHOTO展”が開催されています。

先生の華やかな作品が壁一面に展開されています。

今日はオープニングのTEA PARTYで大勢の生徒さんも集まり
写真談義に花が咲き・・・熱気ムンムン。
(尚、その様子はさきほど、ワールドサテライトニュースでオンエアーされました)

明日から3連休の方も多いかと思いますが、
“今道しげみ先生ワールド”是非是非、お運びください~。
癒されますよ~。

(写真の後姿が先生です。作品は生徒さんの物です。。。
 先生作品は、どうぞ会場でお楽しみください)

場所など詳細はこちらからどうぞ→☆
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

夏の思い出

電車の冷房が寒く感じるようになりました。

本格的に季節が変わる前に
夏の写真の整理を・・・

ということで、

お盆休みのディズニーリゾートの写真をUPすることに。

Dsc07556
17-50mmF2.8

今年openしたディズニーランドホテルのロビー。

ここは9階まで吹き抜けになっていて
その周りを回廊のように客室が配置されています。

Dsc07338
17-50mmF2.8

Dsc07311
50mmF1.4

ブュッフェスタイルのシャーウッドガーデンレストラン。
ディズニーのキャラクターにちなんだ果物や野菜のカービングが随所に。

Photo

運よくキャンセルが出て替えて貰えた人気の白雪姫ルーム。
大人はちょっとしんどいかなぁ、と思っていましたが、
思ってたよりずっと居心地のよい色調でした。

Dsc07359
10-20mmF4-5.6
早朝、部屋からの景色。

Dsc07586
10-20mmF4-5.6

Dsc07594
17-50mmF2.8

宿泊者専用ガーデン。
日中は皆ランドやシーに出かけてしまうので、誰もいません。
ここで一日のんびり本でも読んでいたい気分。

Dsc07393
75-300mm4.5-5.6
ディズニーシーの見ず知らずのカップル。。。

Dsc07217
75-300mm4.5-5.6
ディズニーランドステーション。
街灯の頭にも隠れミッキーが。
望遠で撮ってみて初めて発見。

Dsc07245
17-50mmF2.8

ディズニーランドの灯ともし頃。

Dsc07464
17-50mmF2.8

ディズニーランドホテルのプールからの夕景。
ちょっと“ホテルカリフォルニア”をイメージしてみました(フルっ)。

長々お付き合いいただきありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ZED トライアウト公演

Dsc08475

ディズニーリゾート内にシルク・ドゥ・ソレイユの常設シアターが誕生しました。

とは言ってもグランドオープンは10/1で、
今はトライアウト公演が行われています。

今回は“ZED”という男性が天と地を旅する間にさまざまな命の躍動に出会い、
彼自身が成長すると同時に天と地という2つの世界がひとつに結ばれる。

といったコンセプトで、
相変わらず人間技を超えた見事なパフォーマンスが繰り広げられます。

サーカステントをモチーフにした劇場は
半円に近いステージでどの席からも見やすく、
仮設の小屋の時とは違い、
ワイン片手に芸術を楽しむ、といった雰囲気も味わうことができます。

が、この“ワイン片手”がまたしても失敗のもとに・・・

ちょっと話は遡り、
この日は数名で見に行きましたが、
先発隊は朝から“ディズニーシー”でエンジョイ。

後発隊の私たちが開演2時間ほど前に到着した時には
先発隊はイクスピアリとアンバサダーホテルを結ぶ中庭で酒盛りしていました。。。

あらあら、いいのかしら、こんな所にお酒持ち込んでと思いつつも
気持ちの良い天気。
ピクニック気分でシャンパン~白ワイン、おいしく頂きました。

Dsc08418

Dsc08404隣の池ではドナルドとデイジーが結婚式を祝ってるし、
幸せ気分。
(最初気づかず、うるさくしてごめんなさい…)

中庭を引きあげる頃には

すっかりごきげんさんに。








で、やめておけばいいのに、
劇場にはいってからは
赤ワインをくぴくぴ。

・・・結果、
開演してからは睡魔との闘いでした。

(前の晩、ブログアップするのに夜更かししちゃったからなぁ)

ZEDがどんな動きをしてたのか・・・

お、思い出せない・・・。

さらにやめておけばいいのに、
休憩時間になるとまたなぜか赤ワインを買って、くぴくぴ。

で、はじまるとまたひたすら睡魔との闘い。

こうなると、どんなアクロバチックな演技見ても
すごさを感じない。。。
“サルティンバンコ”から毎回のように見ているので
慣れちゃってるせいもあるかもしれないけど、
完全に脳がゆるゆるになっちゃったようです。

あー、もう、何がワイン片手に芸術かしら・・・
我ながらやれやれです。

せっかくチケット取ってくれたのに、ごめんなさい。
もう一度本公演、見に行こうかしら。

Dsc08483

この公演のすごい+αは、

終演後、外に出たとたん
ディズニーランドの花火が目の前にあがります。

Photo

これも演出でしょうか・・・。
(手持ちでよく撮れてなくてすみません)

で、ここで終わらないのが私たち。

東京駅でもう一杯いこう、ということになり、

新丸ビルの“来夢来人”で再びカンパーイ。

Photo_2

ここは“昭和”のスナックを再現した女性専用Bar。

土曜日だったからでしょうか、
カウンターには男性客も入れていました。
鼠先輩が居てもおかしくないような店です。

カラオケも完全に昭和歌謡で、
私たちの年代にはとてもノスタルジックで涙ものでした。

(しかし、新丸ビルでカラオケ歌うなんて思ってもみませんでした)

そして、そして、ここで終わればいいものの、

新宿に場所を移して、さらにDEEPな宴は続くのでありましたが、
もう書けません。。。

こんなくだらない酒飲みの話に
最後までおつきあいいただき、すみませんでした。。。

(今回レンズは全部17-50mmF2.8です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

香港~マカオ その3

Dsc08119
17-50mmF2.8

マカオには22の歴史的建造物と8つの広場、
計30の世界遺産があります。

今回はちょっと離れてる数箇所をのぞき、
殆ど自分たちの足で巡ってきました。

1

この日の為に購入した広角レンズ10-20mm。
当初、自分なりに満足な写真が撮れたと思っていましたが、
実際パソコンに取り込んでみてみたら・・・
腕がまだまだついていけてないようで
建物だけの写真はなんとなく、今一歩、
面白みの無いできになっていました。
構図のとり方がダメなんだろうなぁ・・・まだまだ練習あるのみです。

Dsc08126
17-50mmF2.8

Dsc08117_2
17-50mmF2.8

寺院には巨大な渦巻き線香が吊るされていて、
1ヶ月くらいは燃え続けるそうです。

ちょっとイメージとちがったのが
“広場”と呼ばれるところ。

広場、というと“広~い憩いの場”というイメージを膨らませていたのですが、
実際そこに立ってるのに地図を開いて「どこ、どこ?」と探してしまうような
ちんまりした広場も・・・。

一番有名な“セナド広場”でさえ
実際にはちょっと広めの石畳の歩行者天国、という感じ。
また、人の往来が多く、夜などは若い人いっぱいの竹下通りのようでした。

Dsc08219
17-50mmF2.8

ただ、竹下通りと違うのは道すがらに世界遺産が点在すること。
独特な雰囲気です。

マカオの8月は30℃以上、湿度は平均82%。
この暑さの中勾配が厳しい道を歩き続けてヘトヘト。

入るつもりがなかったホテルのプールへ直行。

Dsc08001
17-50mmF2.8

クールダウンして復活。
夜の中心街へ。

Photo_2

立ち寄ったグランドリスボアはマカオのシンボル。
本当に外観もロビーもギラギラ絢爛豪華。
ガイドブックによると室内もゴージャス感たっぷり。
私たちが2泊目から宿泊したマンダリンオリエンタルとは全く対照的です。

ちなみに、マンダリンのカジノは工事で休業中だったので、
こちらのカジノで一勝負、20ドル負けました・・・。

さてさて、今回の撮影に関して、反省点が数々ありますが、
その一つがフードフォト。
やっぱり下手下手駄目駄目でした。
実際いただいたディナーはポルトガル料理・マカオ料理・イタリアン
どれもものすごーく美味しかったのですが、
ご紹介できるビジュアル無し。残念です。。。

この他、もうちょっと角度を変えたり、人と背景の距離のとり方とか
色々課題が満載です。

そんな中、ちょっと嬉しいのが
初めてチャレンジした超広角使った足長写真。
人物におもいきり寄って下から写すとながーく写るんですが、
これ撮りたかったんですよ~ホント嬉しいですよ。
もっと下にもぐりこんで角度つけると
更に足長になります~~

Dsc08225
10-20mmF4-5.6

今回一緒に旅したメンバー
気心知れまくった中学からの同級生です~。
顔隠したから許してね。

この場を借りて、皆様どうもありがとう。
無茶苦茶楽しかったね。
来年はベトナム!?

それまで、がんばって労働しよう!!
では、元気でね・・・

って、
また明日シルクドソレイユで会うんだったわなぁ。

・・・では、また明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

香港~マカオ その2

今日は友人がちょっと遅いBirthdayを祝おう、と
麻布十番の“ピアットスズキ”でタラフクご馳走してくれました。
ここは本当に居心地もよくもちろん美味。
ちょっと訪れない間にミシュランの☆一ついただいてたそうです。
もちろんお店は大人のお客様で満席。

友人は常連さんなので、「いつものワインを」などと大人オーダーしてました。
そのいつものワインが美味し過ぎて
また飲みすぎてしまいました。。。赤も白も。。。(紅白歌合戦かい?)

カメラを忘れたのが唯一の後悔。
奥のカウンター席ではコンデジで必死に撮影している女性が・・・。

サーバーの方が、これからデジイチを購入したい、ということで
ちょっと偉そうにおばさんはレクチャーしてしまいました。。。

と、ちょっとワインで調子に乗って
前置きが長くなってしまいました。。。

マカオの写真の続きです。

Dsc07941
17-50mmF2.8

コロアン島はベネチアンから車で20分ほどの静かなリゾート地。

ここにも素敵な世界遺産の寺院と
むちゃくちゃ美味しいエッグタルトのお店があります。

で、いきなりエッグタルトに直行。

Dsc07908
17-50mmF2.8

とても小さな店ですが、焼きたてのエッグタルトをもとめに
たくさんのお客さんがかけつけます。

一ついただいて、外のベンチでパクリ。

美味しい~~しあわせ~~

でも、熱くてうわあごがべろべろになってしまいました。。。

Dsc07950
17-50mmF2.8

Dsc07977
17-50mmF2.8

コロアン島の街並みです。

ここは訪れる人も少なく
本当に田舎でのんびりって雰囲気。

Dsc07980
17-50mmF2.8

ぷらぷらして、
今度はまた中心部へ移動。

続きはまた後日。。。

ZZZZZ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

撮ってきました!香港~マカオ

Dsc08251
18-250mmF3.5-6.3

日本の気候が大荒れの最中
快晴の香港~マカオに行ってきました。

レンズは3本。
今回いつもの50mmF1.4は置いて出ましたが、
17-50mmF2.8が大活躍。
また、花火で壊した18-250mmも復活。
望遠を活かしたショットを押さえることが出来たし、
10-20mmの超広角も自分なりに面白い写真が撮れて満足。。。

700枚近く撮ったので、
後日まとめてみようと思いますが、
その前にちょっとだけUPします~。

今回の旅のメインはマカオですが、

まず1泊目は香港・九龍。

羽田から夜中に到着し、翌日昼すぎにはマカオ行きのフェリーに乗ったので
香港は本当に短い時間の滞在。

2年ぶりの香港ですが、
相変わらず活気がある街です。

Dsc07767
17-50mmF2.8

Dsc07785
17-50mmF2.8

昼食をとった“廣東茶居”という飲茶屋さん。
これがどれもはずれ無しの大当たりの美味。
お勧めです!!

その後、冷房のきき過ぎたフェリーで一路マカオへ。

Dsc07859
17-50mmF2.8

Dsc07891
17-50mmF2.8

マカオ1泊目はザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテル。

去年オープンしたラスベガス系の巨大ホテルで
ガイドブックによると3000室のスイート、350軒以上の店舗
40以上の各種レストランを有し、カジノも世界最大。

上の運河の写真はガイドブックでも見てワクワクしていましたが、
すっかり騙されました。

なんと、ここ屋内なんですよ。
下の写真も青空が写ってますが、これ、かきわり。
建物もダミーで、わかりやすく言うと
お台場のヴィーナスフォートみたいなもんです。
それが巨大化して全長390メートルの運河が3つあって、
ゴンドラがどんぶらこ~♪で
ベニスを表現しています。

ちょっとディズニーシーのテイストも入ってて
巨大アミューズメントです。
隣にこれまた東洋一のデューティーフリーもオープンしたので、
一日ではとても見きれません。

Dsc07900
17-50mmF2.8

巨大カジノ。これはほんの一部分。
24時間営業なので朝っぱらでも血眼になったギャンブラーウォッチングを楽しめます。

でも基本的にカジノは写真NGなので、
このあと怒られました。。。
(どうせだったら、10-20mmのレンズでもっと広く撮りたかった・・・)

さてさて、やっと本題の世界遺産群、といきたい所ですが
眠くなってしまったので、また明日・・・

ZZZZZ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »